--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.16     カテゴリ:  季節の風景 

   凍てつく滝

小松倉の滝へ行ってみました。
一昨年行った時よりも分厚い氷に覆われています。
一時寒さが和らいだ時があったので、その前はもっとすごかったことでしょう。
resize2102.jpg

なんか三陸海岸みたいな形ですね。
resize2104.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
実は私も1月の末頃、日中にこちらを訪れてみました。
その時は、滝壺は氷で覆われほぼ全面的に氷瀑と化していました。
でも、納得のいく写真が撮れないまま帰宅。(TT)
そのまま、お蔵入りです。(^^;)
ただその日、淵の方までおりて行き、石油ヒーターのタンクが投げ
捨てられていたのを見て、心無い人もいるものだとショックを受け
たのですが、それを写さなかったことを今は後悔しています。
ちなみに、あの道路沿いに電話線のようなものが引かれているように
見受けましたけど、奥に民家でもあるのでしょうか。
石油ヒーターのタンクですか・・・。
アナログ放送が終わってここにテレビが投げ込まれないことを祈りますT_T
1kmぐらい奥の方には民家がありますよ。
滝から先はかなり荒れた路面で郵便配達の人は大変そう。
住んでる人はもっと大変でしょうけど^^;
大雪が降ったら孤立しそうで心配な場所ですね。
ここは一度行ってみたいと思ってる場所です。

2枚目、ホント三陸海岸みたいです!

やっぱり、民家があるんですね。
坂の入り口付近のスペースに停めて行って良かったです。
危うく、滝の近くまで車で行くところでした。^^;
どおりで普段から車両も通行しているような感じがありました。
しかし、あそこから1Kmも奥に。。。
絶句してしまいました。
もし行くことがあれば案内しましょうか?
今は道路から見えるけど、草や木の葉が生えてくると見えなくなります。
スローシャッターで撮るとなるとNDフィルターがあれば良いかもしれません。
今日のX10では、最小絞りF11と最低感度ISO100で1/60秒でした。
滝の入り口からちょっと行った所に車を置けるスペースがあるのですが
今日行ってみたら土が置いてあって駐められず・・。
そういえば、腹帯から北川目に抜ける道路がありますよね。
いおパパさんはこっちから来たのですか?
いえ、花輪の方からです。^^
よくご存知ですね。
腹帯から北川目に抜ける道路は、自分が小学校の頃に車に乗せられて
通ったきり、自分の運転では通ったことはないです。
被写体を求め道なき道を・・・
なんて、2~3年前から全線舗装路になりましたよ。
南川目をずっと登った牧場からは、晴れて見通しが良い日は岩手山が見えるらしいです。
こっちは何キロも未舗装路ですが・・・^^;
そのあたりは、ロード自転車の練習コースです。
ヒルクライムという登りのレースがあるんですが、みなさん北川目~南川目ぐるっとまわってきます!

今日はわたくしもカメラいじりました。
写真撮りに行きたいな~~!
しかし、わたくしのカメラももう古いですね。
新しいのが欲しいですが・・・
あの辺を自転車で走ると気持ちよさそうですね♪
南川目から豊間根に抜ける道もいいかもです。

今年は各社からいろんなカメラが出るようです。
キヤノンはエントリー向けの新製品はまだないようですが、
そのうち発表があるかもしれません。
自転車に乗っても一眼よりも荷物にならないミラーレス系なんてどうでしょう?
熊がでる前に一度行ってみたいもんです。
そん時はヨロシク!!

ダブルSさん情報。
昨日オオワシが上空を2回通過しましたが、
いつもの止まり木には留まらなかったとのことです。
昨年までとは違う個体の可能性ありとおっしゃってました。
氷で滝が塞がれてないときがいいかもですね。
3月辺りがよさそうかな。

オオワシ情報ありがとうございます!
留まり木に来るのもタラ次第でしょうか。
今までのオオワシはいずこに・・。




プロフィール

かほパパ

Author:かほパパ
写歴7年。
地元の風景を中心に撮影しています。

リンクフリー。

ブログランキング

↑クリックお願いします
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


月別アーカイブ
ショッピング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。